2014年11月15日土曜日

高価な簡易ジュークボックス?

コタツの上にノートパソコンをおいて仕事らしきことをしていることは前回のブログに書いた。17インチの大型のノートパソコンなのだが、やはりディスクトップのほうが数倍使い勝手がいい。
ノートパソコンはあくまでも緊急用とか、旅して歩く時のためのもので私のような年寄りには大画面のディスクトップが使いやすい。
だから結局仕事はディスクトップでやるようになった。ならばコタツの上に設置したノートパソコンは撤去すればいいものを、そのままにしてあった。撤去するどころかノートパソコンのキーボードは使い難いので外部キーボードを持ってきたり、マウスを持ってきたりしている。
コタツの真ん前に液晶テレビがあるのに気がついて、これにパソコンをつないで大画面にしたら結構仕事もやりやすいのではないかと思い、HDMIでつないでみた。確かに大画面でノートパソコンの画面よりは見やすいのだが、しばらく作業してみて気がついた。なにせ置いてあるところがコタツの上であるから、あぐらをかいて作業をしていると、時々テレビ画面を見上げることになる。
うーん、首が疲れる。やはり長時間労働には向かないということが判明した。液晶テレビにはガイブスピーカー5個とウーハー1個がつなげてある。
晩酌をするときには、これにiPodClassicをつないで聞いているのだが、ノートパソコンのiTunesから音を流してみたら、これがなかなか具合がいいのです。テレビの大画面から好きなアルバムを選んで演奏させると、違った角度から自分のコレクションを見つめることができることを発見した。

15万もした高価なノートパソコンはこうして簡易ジュークボックスとしてしばらくは使うことになったのであります。
コメントを投稿