2014年11月13日木曜日

コタツの功罪?!

今年もはやめにコタツをだしました。このコタツは家族には案外不評でありまして、使っているのは私だけであります。ここんとこが、なんとなく不満なのでありますが、家族をつかまえて「なんでコタツにはいらないんだよ!」なんていう具合に詰問するのもおかしな話なので、ひとり寂しいコタツオトコ化しているのであります。

3日ほどまえでしょうか、12月なみの寒さがくるとかでありましたが、お昼すぎには本当に寒くなってきており、「こういう時こそコタツが役にたつんだよね」なんていう具合に独り言を呟きながら、ノートパソコンをコタツの上に設置しまして、スイッチを入れました。

はたして何が起きたのでしょうか、気がついたら真っ暗闇のなかでありました。しばらく自分のおかれた状況を理解できませんでした。
なんとコタツのあまりに心地よさにパソコンのスイッチは入れたのですが、ログインをすることもなく、そのまま寝込んでしまっていたのであります。

このような状況にはコメントのしようがありません。それ以来コタツで仕事をしようとは思わなくなりました。よほど寒くなったら体を暖める程度にしておこうと思ったのですが、この体を暖めるという行為そのものにかなりの危険性が潜んでいるわけでありまして・・・・・・・。
コメントを投稿