2014年12月9日火曜日

禁断のスイーツ ラズベリーパイ

だいぶ前に、このおいしそうなパイは届けられたのだが、梱包を開いて手にとって眺めただけであります。ディスプレーの前に飾ってあります。
息子に「ほら、これいいだろ」って自慢気にみせたら、あまり興味なさそうに、「それ、Raspberry Piっていうやつでしょ、昔仲間内ではやったよ」って味も素っ気もない言葉が返ってきた。ついでに追い打ちが「それで、何すんの?」ときたもんだ。
うーん、面と向かってこれで何するんだと云われてみて、言葉につまるようではいけませんね。せめて「眺めているだけで楽しいじゃないか」ぐらいは言い返せなかったのだろうかと、今さら悔しがっても遅いか。

現在でもIT関係の仕事をやっているけど、その実、コンピュータのことなんて何一つ理解していないのが恥ずかしいと思っているのです。だからせめて英国の小学生が、このパイを使って基礎を勉強しているのなら自分もやろうと思っただけのことなのです。
どうも、USBのカードリーダかUSBメモリカードが必要みたいでありますし、電源をどこから取るのかも、まだわかっていません。OSはLinuxらしいけど、どうもこのパイ用に開発されたLinuxがあるらしいのですが、それも調べていません。おそらくOSをコンパイルしてインストールまでには相当の困難が待ち構えていそうであります。でもそれが楽しみなのですから。HDMI端子がついていますので、ディスプレーには簡単につなげそうですね。OSのインストールはLAN端子をとおしてWindowsパソコンからでもOKのようであります。とは云いながらしばらくは眺めているだけになりそうですけれども。

パソコン、スマホ、3台同時に使えて格安の800円(月額、税別)

最大2ヶ月間の無料お試し期間!

コメントを投稿