2015年2月27日金曜日

案外時代劇が好きな自分をみつけてしまった。

あと2晩も寝れば2月も終わるというのに、性悪女の悪ふざけはまだまだ続くようで、昨日と一転して今日は穏やかで暖かな陽気であります。
私は殊更以上に繰り返される寒暖には無関心を装い知らんぷりして仕事をつづけています。世の中というものは常にそういうものであります。
こちらから寄っていく姿勢をみせれば、相手には冷たく突き放され、無関心を装っておれば必要以上に尾っぽをふって寄ってくる。ちいとでも油断すればすぐさまに付け入ってくる。なんともめんどい天候との駆け引きだこと。
それでも一日ごとに確実に春に近づいているのは確かなようで、龍勝寺の境内にある紅白の梅の花は、春も盛りといわんばかりに咲き乱れておりました。

やっぱりね、ここんところ時代劇の小説を読みふけっていたものだから、文章がどうにも影響されてしまっているようであります。
これまで思ってもみなかったのですけれども、私は結構、時代モノが好きらしいのであります。もともとテレビはあまり見ないのですが、特にNHKなんてものは滅多にみないのですが、時代劇は別であります。特に好きなのは確かNHKの「木曜時代劇」なんてのを発見しまして、最近は録画してみていますね。
ただどうも大河ドラマは時代劇であってもまったくみません。番組のはじまりの頃は、いつも観てみようと意気込むんですが、いつも2回ほどみると後はどうも尻切れトンボになってしまうのです。
現在放映中の「花燃ゆる」でしたっけ、初めの3回ほどは今に面白くなるだろうと我慢して観たんですけど、もう諦めましたね。いくらお金がかかっていても、いくら時代劇が好きだからといっても基本的に面白く無いものでは観続けることができないのでしょうね。

江戸時代って、私がこれまで思っていたものと違って結構いい時代ではなかったのではないかと思い始めましたね。確かに封建制度で士農工商の身分制度があって生きにくいような感じはしますけれども、本当はそうでも無かったのではないかと思いますね。日本の歴史を振り返れば明治維新が大きく取り上げられますけれども、それも偉大なことだったのだろうけれども、そこに至るまでの徳川300年の歴史ってのは世界史のなかでは光り輝く栄光の歴史なのではないかと思わんこともないです。できればちょっとの期間でいいからタイムスリップして住んで見たいような気がしますね。

コメントを投稿