2015年3月1日日曜日

Aさんと久しぶりの日本での朝食会

ふふふふ、予定通りというか、あたりまえというか今日から3月になりましたね。これからはそれほど肩透かしをされることなく、本格的な春にむかって歩み続けていくことでしょう。なんとなく固く縮こまっていた体から力がぬけていくような感じがします。
などと手放しで油断をしていると、ちょっとした寒波がやってくるとダメージも大きいからちょっとは警戒する心も残しておかなければいけないのかも知れません。

本日は、上海に単身赴任をしていた駐在員Aさんが、日本に戻ってきたので久しぶりの朝食会であります。そういえば、2月に上海で朝食会を頻繁にやっていたので、そういう意味では久しぶりでもないんですけどね。それにSkypeを使って結構だべってはいるのでありました。
朝食会などといっても近所のファミレスで朝ごはんを食べて、ドリンクバーでコーヒー呑んでひたすらダベるだけのことでありますけどね。

とは云っても最近私は思うところがあって、糖質制限食なるものを実行していますので、普通の飲食店では食べられるものがほとんどないので、あらかじめ朝食は食べていくことにしますけど。
ま、それほど厳密に制限しなくてもいいのですが、せっかくこれまで続けてきたものですから、ここで崩したくないというものがあります。特に私の場合は意志が極端に弱いので、なし崩し的に簡単に崩壊してしまう可能性が大きいのであります。ここらあたりは自分を良く知っていますね。ことほそ左様にあてにはならない奴のなのであります。

自分とは違う世界に住んでいる人とダベるのは楽しいとものだと思います。私のように意識しなければほとんどの時間を自宅だけに引きこもってしまえる人間にとっては特にそう思います。もっといいなと思うのは酒を酌み交わしながら、知り合ったばかりの見知らぬ人とヨモヤマ話をするのは尚更いいですね。もっと贅沢をいえば、そこは野外であって、焚き火がときおり烟(ケブ)って目をしかめながら、火の面倒をみながらも、
「ま、そうはいってもなぁ、世の中そんなもんだよ」
「ま、ま、ぐっといきなよ、あんましさ、小さなことにこだわってもつまんないじゃない」
なんて感じでさ、夜は深い闇のなかに、なにもかも包み込んでいくのでありました。

なんていうのがいいですね。


コメントを投稿