2015年3月13日金曜日

公園のベンチでうとうと・・・・・

朝、起きた時から疲れが蓄積しているのは感じた。しかし、この陽気で散歩にでないのは犯罪だ!なんて思えてきてスニーカーの靴紐を結び直しまして、「エイ!」という掛け声と伴に玄関をでました。
この2日ばかりは、かなり冷たい風のなかを、公園のベンチに居座り、読書と作文に勤しんできたのです。今日のようなぽかぽか陽気をどれほど待ち望んできたのか・・・・・。
行き交う人々の表情がとても幸せそうに感じ、たぶん私も私なりのシアワセな顔になっているんだろうなと思いました。

お気に入りのベンチに座って、いくらもしないうちに眠気が襲う、この気持の良さには決して抗らえるものではありません。いつしか私はうとうと、この世の春を満喫しつつ、心地良い眠りに落ちていったのです。
コメントを投稿