2015年5月29日金曜日

人生、退路を断って戦わなくてはいけない時があるのかも

朝、起きたての時はいつも元気いいのです。歳は相当にへていますが、それなりに私くし「ぽー」はまだほかほかの状態ですこぶる新鮮なのであります。
上記の文を思わず書いてしまうぐらいですから、今朝もすこぶる元気がいいのであります。ところで久しぶりにハンドルネームの「ぽー」なんて名前を使ってしまいました。そういえばここ暫くの間使っていませんでした。ここ数日「ぽー」なるハンドルネームをそろそろ復活させていいのではないのかなと漠然と思うようになりました。
というのも仲間で作った新会社Pass Itで売りだしている「PO3 VPN」という暗号化システムの名前が私の「ぽーさん」からきているのです。
最初はなにも深く考えることもなかったのですが、なんだかうまく云えないのですが、ぽーさんというウスラバカなジイさんキャラがせっかく良くできている商品を穢してしまうのではないかという恐れがでてきまして自然と使えなくなってしまって行ったのです。
そんなことになってしまったら、会社設立の為に走り回ってくれた弁護士の海野仁さんにも、上海で頑張ってくれた駐在員Aにも悪いし、独り孤軍奮闘して人民解放軍システム情報部と戦ったドンキホーテ サアーダにも多大な迷惑をかけてしまうと思い込み自主規制をやっていたのであります。

それがこの1ヶ月の間「PO3 VPN」のサイトをリニュアルしている間に大きく意識が変わってきたのは確かです。傍から見ればこれまでとさほど変わっていないように見えるかも知れませんが、今回は自分というものを、魂というものを目一杯注ぎ込んだのです。
だから、最近のこのブログはヨレヨレの私の精神状態を反映したものになっているのです。
これまで数本のフログを検索サイトで一番まで持っていった経験からいっておそらく大活躍してくれるだろうなという手応えを感じています。
なんだか自慢めいて聞こえてくるでしょうけど、上位サイトを作るということに関しては負けたことがないのです。ここに言葉の誤魔化しが潜んでいます。それは一番にすると声高に宣言してやった事ではないのです。すべて結果論なのです。だから敗退した場合は口に出さなければいいわけですからかなりズルイ言い回しなのであります。このあたりに自分のいやらしさがあるなと強く感じます。
だから今回は最初に宣言しておき、もう逃げることができないように自分を追い込んでおかなければと強く思ったのでありました。

人間たまには退路を断って、戦う時は戦わなくてはいけないということなのだと思います。
コメントを投稿