2015年6月12日金曜日

時には根拠の無い自信が必要な時もあるのだ

毎日、ひいひい云いながらWEBサイト制作を続けています。このブログでは、その様子をいかにも苦労の連続のように綴っています。
それでも数日前にPO3 VPNというサイトリニュアールをリリースして、少しだけ気持ちに余裕がでてきました。それまではかなり追い詰められた気持ちでいたのですが。
その余裕のでてきた気持ちで考えてみたら、このWEBアプリケーション制作というおもちゃを取り上げられてしまったら、私の日常はジツにつまらないものだろうなと思うのであります。
確かに制作途中では音を上げて逃げ出したくなるような場面も多々ありますが、この行為は知的な刺激に満ち溢れていることに気がつきます。
シナリオの作成、サイト構造の構築、新しい技術情報の収得、デザインの勉強、サーバー知識・データベースの構築・CGIによるジョイント、アニメーション作成等々かなり多岐に登る技術や知識の集合体であることに気づかされます。
私の場合は、どれも中途半端な知識と技術しか持ちあわせていませんが、それでもそれらの技術を組み合わせて、何もなかったところにサイトを現出させて、大げさにいえば世界に発信していくわけでありますからなんとすごいのかとワクワクしてしまいます。

これは、けっして自慢ではなくて、時には根拠の無い自信が必要な時もあるのだと思います。
だってダァれも誉めてはくれないものですからね。

コメントを投稿