2016年3月26日土曜日

コタツ男化した2日間

この2日ほどメインになるパソコンを立ち上げることもなく、当然このブログを書くことも無く過ごしていました。というのも珍しく読書にはまってしまっており、寝食も忘れて読みふけっておりました。この寝食も忘れてっていう状態が好きなのですが、若い時ならばいざ知らず、体力気力を始めとしてあらゆる力が弱ってしまった現在では、なかなかそのような状態にはなれないものであります。

ここ2年ほどは目が極端に弱ってきてしまったので、文庫本の小さな文字が苦手になっており、この歳になるまで近眼、老眼の眼鏡を一切使用したことがなかったので煩わしく思えて、読書はすべて電子書籍で読むようにしています。いくらペーパレスの時代になったとはいえ、出版される本のすべてが電子書籍化されているわけではなく、泣く泣く断念した本もたくさんあります。
今回は以前から読みたいな思っていた書籍3冊をAmazonで発見したものだから、迷わずに購入してそのまま飲まず食わず眠らずの読書に突入したわけであります。私にとっての読書はスポーツみたいなもんでありますからほとんどが体力勝負のようなものであります。おかげで3冊を2日ほどで読みきってしまいました。

で、その感想はと聞かれますと「嗚呼~オシロカッタ」の一声だけなのですから、その中味の貧弱さが推測されてしまいます。何を読んだのかもまだ明かすことはできません。それは私の個人的なプライバシーになりますからね。なんて格好つけてますけど、あまりに幼い本ですから恥ずかしいなんてこともあるのであります。

天気予報の予言どおりに、「花冷え」なるものが襲ってきまして、私の体は思うように動作しなくなり、そのまま居間のコタツのなかに潜り込んでしまい、周囲には6チャンネルのオーディオのチャンネル・ノートパソコン・テレビ・専用テキストエディターポメラ・電気書籍Kindle・家電子機・iPhone・iPodクラッシク等々を配置して、まる二日間コタツ亀に化して読書三昧で過ごしました。
液晶テレビにはノートパソコンを繋ぎ、液晶テレビの音声は6チャンネルのオーディオに繋いであります。そうそうiPhone・iPodクラッシクもオーディオにつないであります。照明のリモコン2つもあります。こうなるとトイレに行く以外はほとんど暖かいコタツのなかで暮らすことができるのであります。

「恐怖のコタツ男の一生」なんていう小説を書いたら結構ベストセラーになったりするかも知れないな、などとチラッと思ったりしてね。

そうそう、テレビのリモコンの調子が悪くて困りました。パソコンとテレビを切り替えたり、テレビにぶらさげてあるVTR用のハードディスクを切り替えたりと結構重要な役割を果たしているのですが、時々だんまりを決め込んだりしてしまいます。
これは一体、リモコンが悪いのか、テレビ本体が悪いのかの判断がまったくつかないのであります。未だ何が原因なのかの究明ができずにいるのでありました。

コタツ男になって気がついたのですが、テレビそのものが既存の放送局の番組を見るというのは本当に少なくなっているということです。ネットのYoutubeを始めとした動画配信を視たり、音楽を聴いたりVTR・DVDを視たりと多用途になっているということです。お金があれば4Kあたりの高画質のものに買い換えたいところですが、今あるものでどこまでできるかを試すというものも面白いですね。(単に貧乏なだけ)

私はどうも気温が低いと極端に動作がにぶくなるということを発見した。時間とともにお日様が出てこなかったりしたら最悪であります、そのまま半覚醒状態で何日もまるまって過ごさなければいけないようであります。
お日様がでてくれば、しばらくじっとして体を温めます、その日の気温の状態にもよりますが、今の時期ですと、四肢が自分の自由になって動かさせるまで2時間ほどかかります。真夏であれば体温が上がりますから日陰で適温を保たないとこれも危ないのでありますけれども。
今年はちょっとばかし、寝床から這い出てくるのが早かったのかも知れない。
コメントを投稿