2016年5月12日木曜日

秘密の計画を実行する時がきた

久しぶりの穏やかな朝でありました。なんと昨日まで吹き荒れていた嵐と呼べるほどの激しい風もぴたりと鳴りを潜めていたのです。それどころか文字どおりに五月晴れと呼ぶにふさわしい青空が一杯に広がっていたのです。
とうとう月曜日から密かに温めていた例の計画を実行に移す決意をしたのであります。などと書くと並外れて大それたことをやりそうな雰囲気になってきますけれども、それはほとんど期待はずれに終わってしまうことでありましょう。

最近の私は自分の身の回りでできることや出来事を材料に、できるだけお金をかけずに目一杯楽しむことに生きがいを感じようとしているのであります。
だからこれまでの自分であったら見逃してしまうような、なんでもない事に無理やり価値を見つけたり、屁理屈をつけてさも意義のあることにでっちあげることに心血を注いているのでありました。
たとえば、普段は見逃している小さな昆虫などを大写しに撮影するとそこには神秘的な色の組み合わせやデザインを発見したりするものです。それと同じように毎日代わり映えなく流れている日常の一コマに焦点を合わせてみると、そこには人間共通の普遍的なテーマが潜んでいたり、腹を抱えて笑ってしまうようなユーモアやペーソスが潜んでいたりするものです。
それは以前からわかってはいたのですが、現在の私の作文力ではとても手に負えるものでもないのは確かなことであります。ただそれを理想として日々研鑽を重ねていこうと考えてはいるのであります。

さて家人がそれぞれの職場に出かけていったのを見計らって、さっそくその計画とやらを実行に移すことにした。なんのことはありません、連休中に妻と出かけた公園に行って、読書をしたり作文を書いたりすることだけの事なんですけれども。
いつの頃だったか忘れてしまいましたけれども、何年か前にも公園を移動オフイスにして仕事をしていた事があったのを思い出しました。その時にはきちんとノートパソコンを持ち歩いていたのであります。今はその時よりもずーっと年をとってしまったので、そのような元気はどこかに失せてしまっています。ですから持ち込むのはポメラとキントルとiPhoneだけであります。移動時間も含めて3時間ほどでは本格的な仕事などはできっこないのはその時の経験からわかっているのです。

公園までゆっくりと歩いて15分から20分といったところでしょうか。通勤通学時間が終わっていますので、のんびりと風景を楽しみながら歩くのも楽しいものであります。ただこれも見慣れてくるとどうなんでしょうか、いつもの光景ということで何の感慨ももたなくなるのでしょう。
公園についたら、道路よりも空いております。これまでは休みの日だけでしたので、結構家族連れなんかもいたのですけれども、それぞれが職場や学校に行ってますのでがら空き状態で願ってもない状況であります。
11時頃まで公園で過ごして、引き上げであります。途中スーパーに寄って買い物を済ませます。これまではこのスーパーに買物にくるのが散歩でありましたけれども、これまでの約2倍から3倍の距離を歩くことができるようであります。
当然素麺売り場は避けまして、ピーナッツだのミックスナッツだのを中心に買いまして帰宅したわけであります。

月曜日から密かに決意していた割にとんだ腰砕けの秘密計画でありましたが、これでいいのだ。
コメントを投稿