2016年6月18日土曜日

とうとう扇風機をだしましたとさ

休日の朝の音楽はバロックからと、普段はほとんど聞くことのないバロック音楽を流しております。私のクラッシック音楽についての見識は「ま、仕事をする上で邪魔にならないからいいよね。」などという程度でしかないのであります。
ちょうど今、バッハのトッカータとフーガが厳かに流れているのですが、聞いている本人はひとつも厳かでないのが困りものでありますけど・・・。

そうそう、昨夜は、とうとう扇風機をだしてきてしまいました。まだ一台しか動いていませんけど、これがどんどんと暑くなってくれば、家中から集めれば最高5台まで増設することができますけれども。「あのねぇ、いくら扇風機を増設しても本格的な暑さになったらほとんど意味は無いですけれども。」

お昼ごはんを食べてから、妻と二人で近くのホームセンターと業務スーパーとヤオコーに買い物に出かけました。車のエアコンは一年ぶりに修理したので快適であります。よくもまあ、この一年エアコンなしの車に乗っていたかと思うと不思議な気にもなってきます。
それはいいんですけど、買い物から帰ってきて家に入ったら、なんの迷いもなくエアコンのスイッチを入れていました。んー、さっきの扇風機5台増設はどこへいってしまったのでしょうか。
これはね、朝からずーっと自宅にいて暑いのも扇風機でしのいでいて平気だったものが、車に乗ってエアコンの快適さを知り、各店舗でもエアコンで涼んできたのですから、もう扇風機の世界には戻れなくなってしまっただけの話です。
私はある時から、暑いと感じた時には迷わずエアコンのスイッチを入れることにしています。熱中症のこともありますし、それでなくてももともと温かい頭をしているのに、それにちょっとでも外部から熱が加わればオーバーヒートするのは確実ですからね。

ほんの小さなことでいいから、自分の自信につながる何かが必要なんだと強く思っています。
コメントを投稿