2017年1月30日月曜日

DisplayPortケーブルなんてまったく知らんかったもんね

窓硝子をとおして温かい陽射しにくるまれているといつの間にかウトウトとしてきます。最近はなんの躊躇いもなく、そのままうたた寝をすることが楽しみになってきてしまいました。
ただそんな幸福に包まれる冬の時間は思っているほど長くはなくて、午後の3時あたりを境にして、温かい陽射しは隣家の屋根に隠れてしまい、やはり、まだまだ冬だったことを思い知らされてしまうのです。

そうそう、新しいパソコンが自宅に到着して、もう胸ワクワクで箱から出して設定を始めました。キーボードやマウスを取り付けてLANケーブルも挿してと・・・・・。
ほとんどのケーブルを取り付けてから、?????が私のオツムの上で約125個ぐらいが回り始めました。それはディスプレイにつなぐ端子が見当たらないのであります。
「なあんだ、これはHDMIでつなぐのか」と思い、HDMIケーブルを取り出してきて、どこか挿さるところがないかと探してみましたが、形状が一致する穴ぽこはどこにありません。
困りましたよね。仕方がないのでサポートセンターにさっそく電話であります。まさか箱から取り出してすぐにサポセンに電話をするはめになるとは思ってもいませんでした。
そこで判明したのが、ディスプレイとパソコンを繋ぐにはDisplayPortケーブルというものが必要らしいのであります。
そんな事はまったく知らなかったのであります。それならそうと説明書なり、ホームページなりに一言書いてくれればいいのにね。
もちろん我が家には「DisplayPortケーブル」などはあるはずも無く、Amazonに注文しましたので、その日は試すことはできませんでした。
幸いなことに最近主に使っている大画面のディスプレイはDisplayPortに対応していましたので、変換コネクタを使用することもなくダイレクトでつながるのが救いではありましたけれども。
油断していると新しい規格がどんどんでてきてしまって、年寄りにはついていけない世界になりつつあるなと思った今日このごろであります。はい
コメントを投稿