2010年7月20日火曜日

久しぶりにMySQLとPHPを使ってみることにした

 何年ぶりのことだろうか、データベースを使ったアプリケーションを作ってみることにした。レンタルサーバーにはデータベースのMySQLが使用可能ってことでデータベースを作成してみたが、さすがにほとんど全てのことを忘れていて、テーブルひとつ作成するのに四苦八苦です。それもPHPAdminという管理ソフトを使ってもこのありさまであります。これは相当先が思いやられます。Rubyも使えるようなのですが、Ruby On Railsはインストールされておらず、Rubyで最初からデータベス管理ソフトは作ったことがないので今回は時間が無いということで却下することにしました。PHPのソースはお世辞にもキレイとはいえず、本当はRubyを採用したかったのであります。やはりここのところは本物のプログラマーでないから、どうしても安易なほうに流れてしまいます。結果動作すればいいじゃないかってことで・・・・。
 テーブルひとつ作って息切れしたので、後の作業は明日以降ってことで本日の作業はお終いです。これがプロとアマの違いですね。以前にプログラマーもどきをやっていた時には考えられないことであります。いつも農機じゃなくて納期に追われて地獄をみていましたからね。
 今後の作業を確認するためにざっと作業工程を書き込んでおいたほうがいいですね。まずはテーブルの管理画面を作らなければなりません。これは決まり切った作業ですね。こういう決まり切ったものだったらRuby On Railsはテーブルをもとにして自動で作成してくれますから作業効率からいったらいうことないですね。
 とりあえず明日からはデータの編集作業のフォームを造り込んでいくことにします。「新規入力」「訂正」「削除」なんていうものですね。その前に確認しておかなければいけないのはデータベースの接続部分ですね。以前に何十回もやった作業ですが、これもすっかり忘れてしまっています。なんだかこの部分でエラク苦労するような予感がすでにしています。

それにしてもアジイよな
コメントを投稿