2014年7月11日金曜日

ピカピカのステンレス製の洗い桶

台風8号がきているという、関東地方には午前3時頃が雨のピークだという昨夜の天気予報が頭に残っていた。
午前1時半に目覚めてそのまま仕事に突入するが、外は雨の降る気配がまるでないのでいささか拍子抜けしてしまう。周囲が薄明るくなってきた4時過ぎても目覚めた時に少しだけ吹いていた風もすっかり収まってしまって、いつもどおりに目覚めた鳥達のさえずる声さえ聞こえるようになりました。いったい台風8号はどこへ行ってしまったのでしょうか。

食器洗いと洗濯は家事のなかでは結構好きな仕事であります。だからといってすべての食器洗いや洗濯を引受てやっているわけではないのですが、この2つだけは不思議と続いていますね。その理由はわかりませんけれども、強いてあげるなら「農業こそアウトドアの原点だ」なんて意気込んで秋田の山奥に百姓するために半年間ガス水道電気なし、まして冷暖房などは望むだけ罪という世界に飛び込んだことが遠因になっているような気がします。
周囲にクマが出没したというのを理由に自宅に逃げ帰って一番感動したのが蛇口をひねると勢い良く水が出てくるということから始まっているような気がしてなりません。
さて、この半年ほど食器のための洗い桶を探していたのですが、ホームセンターに行ってもなかなか適当なものが見つからず、半分意地のようになっていたのです。これまで使っていた洗い桶はプラスチック製で5人家族用にしてはちょっとだけ小さかったのです。それにかなりの年数使い込んだせいで表面がつるつるでなくなってきており、最後に洗剤で洗ってもザラザラ感が残り、なんとなく気持ちが悪かったのであります。
ここのところ益々劣化しており、毎日数回使うものでもあるのでAmazonで検索してみましたら、結構な種類が売られているじゃないですか、こういうものは私が希望して購入するものですから、あたり前のごとく私の小遣いからの出費ということになってしまいます。洗い桶ごときに4000円近くも出費するのもなんだかと逡巡していたのですが、清水の舞台から飛び降りる気持ちで買ってしまいました。
「大正解でありました。」とこたえておくしか無いのであります。ここ数年ステンレス製の台所用品にこだわっております。ステンレス製だとピカピカしてなんとなく清潔そうにみえるし、プロぽく見えるような気がするのであります。ただ値段がプラスチック製とは比較になりませんけどもね。
それで、ピカピカのステンレス製の洗い桶で一日数回洗い物をしているわけであります。
コメントを投稿