2014年7月20日日曜日

空模様が安定しないなかキャンプに出かけたのだ

この連休は上空に寒気があるというので天気は不安定という予報通りに昨夜は思い出したように時折り激しい雨が降ってきた。茨木方面にキャンプを兼ねて旅に出ている一番上のあんちゃんの慌てふためく様子を思い浮かべるとおかしくて自然と笑いがこみ上げてきた。
もっともテレビの天気図を見たら茨木方面は雨のマークがでていないので、それほどの事もないのだろうとも思うのだが。
車中泊での旅ではそれほど雨の心配はすることも無いのだが、オートバイでの旅では寝る時には必然的にテントを張るしかないのだからしょうがないことであります。
つい数日前に長野戸隠・山梨方面の旅を終えて帰宅して再び昨日旅に出たのであります。若いというのは実に羨ましいものであります。

久しぶりに車で旅して感じたことは、ガソリン代の高さであります。高いところはでは1リッターあたり180円を超えるところもあって、これは200円台になるのも時間の問題ではないだろうかと感じてしまうほどでありました。
地域によってバラつきもありますが、主に地方のほうが高いように感じました。我が家では普段はそれほど車を使っていないし、自分の生き方の基本からすれば、車自体を持つことが壮大な無駄だと思っているのですが、地方で生活する方々とってにはガソリン価格の高騰は死活問題と言い切っても過言ではないような気がします。

写真は道の駅なんですが、名前を忘れていたのですが、写真をみて「こもち」という名前であることが判明しました。前夜は群馬県内のコンビニで仮眠取り早朝に出発しました。まだ6時頃なので利用者も少なかったので、ここで朝食を取ることにしました。この道の駅は新潟の往復には良く利用しますが、宿泊するには適しておらず、いつもはトイレだけを利用させてもらっています。
ここで疑問なのは、長野に向かってナビを設定してあるはずなのになんで新潟に向かう時のルートを走っているかが不明なのであります。
コメントを投稿