2015年3月29日日曜日

散歩をしていて今の時期が一番胸がわくわくする

いつの間にか、時計の針は5時を指そうとしています。あと30分ほどでお日様がほっかりと顔をだします。私はそれにあわせて、散歩にでかけます。今日あたりからもう少し距離を延ばしてもいいかなと昨日ちらっと思ったのですが、また5日目とあってそれは思いとどまることにした。ちょっとだけ体がシンドイ感じがするのです。しばらくの間あまり無理せずにできるだけ長い期間散歩を続けれることが大事だと考えたのでありました。
外に出た途端に桜の開花の様子が気にかかりました。ここ数日の散歩コースには桜の木が一本も見当たらないことに気がついたのです。急遽コースを変更していつも歩いていた公園のひとつを目指したのです。一足先にひと目だけでも今年の桜を愛でてみようと思ったわけであります。
途中、真白き木蓮に目を奪われました、コブシよりは大ぶりの花でその白さは心に突き刺さってくるような鋭さを持っていました。
散歩をしていて今の時期が一番胸がわくわくする季節だと思います。そして今朝の仕上げは七分咲きの桜が旭に照らされて無言で咲き乱れていました。
この一年生きていて良かったと心から思った瞬間でもありました。


コメントを投稿