2012年11月22日木曜日

旅から戻ると一番最初に感じるのは台所が使えるヨロコビです

車中泊の旅から戻ると一番最初に感じるのは台所が使えるヨロコビですね。洗い物も思いっきりできるし、蛇口をひねれば(私のところは上げる)水が際限なく出てきますし、水どころかお湯まででてきますからね。
 普段当たり前と思って別段ありがたくもなんとも思わなかったことを素晴らしく便利な生活をしていたんだと再認識させられるところですね。
今回の旅では圧力鍋とカセットコンロを持っていきました。それに水炊き鍋を作って途中で足りなくなった具材をつぎ足しつぎ足しして食べました。圧力鍋は蓋を閉めてしまえば水分が溢れるということもなく移動する時には非常に便利であります。
最近の道の駅では野菜や魚の直売所が併設されているところも多く、海の近くでは新鮮な魚も手に入れることができます。それらを行く先々で調達しますが、なにせ独り旅なものですから買いすぎるという弊害がありますね。独りで食べる量などはたかが知れていますからね。
 秋の東北は果物の宝庫ですね。柿にりんごにとウマそうなものがフンダンに売られています。次回からは果物ナイフを運転席の近くに用意して置くべきだと強く思いました。一々包丁を調理道具箱の中から出すのは結構面倒なわけであります。
 やはり時々旅にでないと精神的なバランスを崩してしまいそうな気がします。2週間あまりに渡る今年の旅はこれで終わりであります。来年の春に備えて小銭を貯めることにします。
コメントを投稿