2014年10月22日水曜日

夜明け前が一番の闇なのじゃ

おはようございます。鼻水ズルズルで、こりゃあいよいよ電気ひざ掛けでも出さなければいけないかなと思っていたのですが、それほど寒いわけでもないのでそのままであります。早い話が面倒くさいというだけの話でありました。夜中から明け方までが私の仕事のコアの部分なんですが、まだ一度も寒いと感じたことはないですね。

突然ですが電子書籍の図書館でもできないかなと期待しているのでありますが、当分無理でしょうね。新会社を設立する時に弁護士のうんちゃんが唯一執行社員である私に住基カードを作成するようにと指示されたものですから、しぶしぶ市役所まで出向き住基カードというものを作りました。
よくわかりませんがこれで電子認証をするのだそうです。うーん、世の中わからんことばかりであります。それでその住基カードには私の市川市の図書館カードも一緒になっていることを思い出しました。
それならば、カードリーダーだけあれば、図書館から電子書籍を借りるのも楽だろうなと思ったわけであります。ま、別にICカードを使わなくてもいいわけではありますけれども。
無料の電子書籍の筆頭はやはり「青空文庫」でしょうね。ただ著作権の関係でかなり古い書籍が多いのですけれども。これは、それなりに楽しめます。Amazonで提供している無料の書籍の大半はこの「青空文庫」から持ってきているみたいであります。「青空文庫」から直接Kindleに入れる方法もあるようですけれども面倒なのでまだ一度もやったことはありません。

つい先日今月はAmazonで電子書籍を購入するのは控えると書いたばかりですが、500円とか780円とかいう値段を見ていますと、ついつい購入ボタンを押してしまいまして予算オーバーもいいところにきてしまっています。これなんだか中毒になってしまいます。80円とか100円なんてのもありまして、アブナイ世界であることは確かであります。


コメントを投稿