2014年11月23日日曜日

コタツにおでん鍋とくれば・・・・・

今朝起きてラジオのニュースを聞いて驚いた。長野で地震があり、なじみの白馬村とか小谷村あたりが大きな被害にあっているという。長野が好きで遠くない将来に移住してもいいなぐらいに考えていたのだが、結構自然災害の多いところなのだということに思い当たる。

朝から良い天気であります。朝ごはんを食べたあとにいつもの癖でお気に入りのコタツに入って少しまどろむ、今朝も12時を少し過ぎたあたりから起きだして仕事やら読書などをやっていたので、ここで少し仮眠を取っておかないと一日はとても持たないのであります。コタツの無い季節にはこの仮眠はせいぜい20分とか30分ですんでいたのだが、最近どうしても1時間近くぐっすりと寝てしまうので仮眠とはいわないのかも知れない。

その仮眠から目覚めたら家の中はいつもの静けさに戻っていた。家族はそれぞれに出かけたらしい、そういえば昨夜、妻も浅草に行ったあとに新宿に寄るようなことを云っていた。私は昼ごはんだけ用意してくれてあれば別に不満はないのです。ここんとこやらなければいけない仕事が立て込んでおり、それに最近復活した読書熱のせいで遅れ気味なのである。休日を利用して遅れを取り返しておかなければならないからちょうどいいのかも知れない。
台所をちょっとだけ覗いてみたら、そこにはおでん鍋が用意されていた。いいなぁ、コタツに入っておでんをつついて、昼間から一杯やるなんてのは最高の休日なんだがなと一瞬バカアタマをかすめたが、仲間のイカッタ顔がちらついて思いとどまった。
コメントを投稿