2014年11月29日土曜日

悪戯や人だましのトリックは心の栄養素なのかも

今日の朝からあまり冴えない空模様のようであります。週末なのに私は普段の日と変わらずに自宅にひとり取り残されてしまったので、仕事をするしかなくいつもとまったく変わらない日常を送っているのであります。別段この環境に不満はないのではあるが、つくづくメリハリのない生活だなと思わんわけではないのですけれども。

自分のなかにはいつもどこかに人を驚かしてやりたいという悪戯心が潜んでいるらしくて、まじめな商売用のホームページを作っていても、ときどきそのやっかいな悪戯心が頭をもたげてきて困ってしまうことがあるのです。特にありきたりな部分などを永遠と作成していたりすると必ずと云っていいほど出てくるようであります。
ま、あたりまえの事でしょうけれども、そういう悪ふざけな仕掛けを作ったりしている時のエネルギーというものは凄まじいものがありまして、時間も忘れて没頭してしまうのであります。いくら精力の大半を注ぎ込んだものでも、やっていいことと悪いことの判断ぐらいはまだつくのでありまして、泣く泣くそれを捨ててしまうことが多いのでありますが。なかなか世の中自分の思うようにはいかないようであります。

ただひとつ云えることは人を驚かせたり、悪ふざけをする仕掛けをつくるにはそれなりの技術力が必要だということですね。だからそういう思いが出てきた時には迷わずにやってみることが、すごく重要なことだと思っています。たとえその作品が陽の目をみることがなくてもです。
コメントを投稿