2014年12月15日月曜日

「気軽に・・・・」の類(たぐい)のものでないもの

早いものです、今年の残りもあと半月ほどになってしまいました。年末だからといってそれほど忙しいわけでもないのですが、気持ちだけがなんとなく慌ただしいだけなのであります。昨日は衆議院選挙の日でありました。ぽかぽか陽気だったので、妻と二人でぶらりぶらりと散歩を兼ねて投票所に行ってきました。
玄関をでるまで、一体誰が立候補しているのかも殆ど知らないし、たとえ知っていたとしてもどんな人物なのかまでもわからないわけですから、もういい加減に投票するしかないわけであります。
政党で選ぶとしても最近は与党も野党もほとんど区別がつかない状態であります。投票所まえの立候補者のポスターをみて誰に投票するかを背中をせっつかれるようにして決めました。
それでもなんとか投票を済ませて帰宅しました。なんだかさっぱり国政選挙に参加したという感じがしませんでした。それでも、選挙には行ったんだからという小さな小さなしかもちょっと虚しい自己満足だけが残りました。ま、そんなもんですよね。

久しぶりにLed Zeppelinをまとめて鑑賞したのでありますが、迷わずAmazonの買い物カートのボタンを押しただけのことはあって、見応え?聴き応えのあるもので、大満足でありました。
正直なことをいうと、気軽にいつも聴けるといった類のバンドではないような気もします。そこが良いといえば良いのですが。

「気軽に・・・・」つながりで、もうひとつ、こたび電子書籍のKindleを購入したので、ウン十年前に読んだ高橋克実の「邪宗門(上下)」を読み返してみました。
当時この本を中心に関連する宗教関係の本や関連する時代の本を読みあさっており、それが自分のなかでは勝手に融合されてしまっていて、自分勝手な「邪宗門(上下)」を醸成してしまっていたのにはかなり驚きました。
本物を読み進んでいくにしたがって、その内容はだんだんつらくなっていくのであります。私のなかの「邪宗門(上下)」はそんなに辛辣なものではなかったのであります。だから気軽に手をだしたわけでありますけれども。これも気軽に読むという類の本ではなかったと思ったしだいであります。

ただ、残りの年末は気軽に過ごしていこうと思っているだけのことでありますけれども。


パソコン、スマホ、3台同時に使えて格安の800円(月額、税別)


最大2ヶ月間の無料お試し期間!
コメントを投稿