2012年6月25日月曜日

ようやくまともな散歩ができるようになりました

この週末の3日間に1時間を超える散歩を実行しました。昨日は2時間の散歩を強行しました。昨年の3.11の放射能撒き散らし事件からはほとんど歩いていないので、これがまた辛いこと辛いこと。
このような散歩ごときでも、気がついてみれば全身疲労をしており、徐々に解消されてきたとはいえ、まだまだ倦怠感が残っており、お絵描きソフトの学習どころではなくなっていました。当然家事労働などできるわけもなく、早朝の散歩以外は生きる屍と化しておりました。時は梅雨まっさかりなので、明日の朝はジャジャ降りの雨になってくれないかなと何度か思わんでもなかのったです。幸か不幸か、曇ってはいたけれども雨が落ちてくるということはなく今朝に至っているわけであります。
それでもここまで歩けるようになるまで、約2ヶ月ほどかかっています。ようやく1時間以上の散歩に耐えられるまでになってきたことを実感して密かなヨロコビに浸っているわけであります。


それで今朝起きた時から、今日も2時間の散歩をやるべきかどうかを迷っているわけであります。4時を過ぎて2時間の散歩をやるのならそろそろ家を出なければならないわけでありますが、迷うくらいならやめておきましょうという結論に達しました。
どことなく安堵の気持ちが漂い、また「続けてやったほうがいいんじゃないか」という相反する気持ちが頭をもたげたりしてきまして、まだまだせめぎ合う複雑な心理状態にあります。


結局、必要以上に頑張ることはよろしくないということで
コメントを投稿