2012年10月28日日曜日

独りで旅にでかける前の心境は結構複雑

 今日は朝からノートパソコンを取り出してきて触ってみた。時々ディスクトップと同じように操作をして置く必要がある。そうしないといざ外を持ちだして使い始めた時に余計な作業を勝手にやりはじめてすぐには使えない状況に追い込まれてしまうからだ。一番頭にくるのは勝手にウイルスチェックをやり始めてなかなか終わらないのであります。次にWindowsのアップデートを初めインストールしてある各ソフトウェアのバーションアップであります。
 旅に出た時の初日はいつもこれらの事を勝手にやられてしまって、いつも頭に血が登っていたのであります。
 さすがの私にも学習能力は少しだけありますから本日一日かけてそれらの事を勝手にやらせておいて、自宅のディスクトップと同じ環境になるように各ファイルも同期をさせて置きました。これでいつでも旅には出られるのだけれども、なにせ先立つものがない。いくら車を利用しての貧乏旅でもそれなりにお金はかかるものなのであります。
 とは云いながらも、何故かカメラの準備をしたり、下着を揃えたり冬物の防寒着を引っ張りだしたりしています。極め付きは電気毛布も押入れの中から出してきました。ダウンの寝袋があればこの季節は大丈夫だとも思うのだが、備えあれば憂いなしというではないですか。

 独りで旅にでかける前の心境は結構複雑なものであります。普通の人よりはかなり旅慣れているし、装備も長い年月の中でかなりの失敗を重ねながらも最上と思われるものを用意はしていても、なんかつまらんことが不安になったり家でやらなければならない仕事を思い出したりと二の足を踏んでしまいます。これは本当に何百回も経験しているのに同じ思いになるものであります。

 一旦車に乗り込んで出かけてしまえが、そんな思いをしてことなど雲散霧消になってしまって、田舎の風景に溶け込んで流れるBluesやJazzに酔いしれることになるのですけれども。
コメントを投稿