2015年1月30日金曜日

上海帰りの腑抜けた日々

一生で最初で最後の海外旅行になるかも知れない、上海の旅3泊4日を終えて、すでに4日になります。現地では普段の運動不足がたたってひどい目に会いましたが、それは中国の問題ではなくて自分の身からでた錆であります。
ようやく、普段の日常が戻ってきたような気がする。全身の筋肉痛や疲労感も消え去ったようであります。海外であろうが、国内であろうが旅はいいなとつくづく思うのでありました。
ブログのネタはたくさんできたのですが、まだ興奮が覚めやらず情報はまったく整理整頓されてもなく、何から書いていいのやら・・・・・・。
ある人に「中国人だって私達と同じ人間だ、私達と何にも変わらなかった。少なくても鬼ではなかったよ」と云ったら「お前はすっかり洗脳されてきたな」と云われた。なんでそんなに大げさにいわれなくてはいけないのかさっぱりわからなかった。
たった3泊4日で何をわかったようにいうのかと云われてしまうけど、国内での報道とはまったく違うということであります。別段洗脳はされていないけど、基本的に好感をもったことは確かであります。だからといって「隣国なんだから仲良くしなければいけない」なんていうつもりはないのでありますが、一人ぐらいは中国に友達を持ちたいなとも思ったことは確かなことであります。

po3.VRNバナー

コメントを投稿