2011年8月23日火曜日

旅を快適にするのも、整理整頓清掃である。

 どうやら年をとると疲れは遅れてやってくるらしい。昨日はさほどではなかったのだが、本日は完全に駄目だった。しようがないので午後から百均にいって、旅行中にあればいいなと気づいた物を買いにいった。

 いつもだったら旅先で現地調達してしまうのだけれども、今回はなにせ耐久レースのように時間に余裕がない旅だったので、帰宅してからの後回しにした。
 百均では小さなカゴ2つとクッションで出来ている袋の様々な大きさなのやつを10個ほど買ってきた。様々な電子機器をそれぞれに入れて格納しておけば、互いに傷がつかないし、常に使うやつ、時々使うやつ、ほとんど使わないが念のため持っていくやつなどに分けて収納することにしている。これまでは暫定的に段ボールの箱に入れていたのだが今回の旅でランク付けができたので、それにあわせて収納することにした。
 旅先に持っていく電子機器や道具は普段でも使っているものなので、自分の仕事場に置き、ランク付けに従ってカゴにいれて、車の置く時のレイアウトに似せて置き、常に入れ替えをして、より使いやすさを追求することにする。こうして置けば旅に出るときはそのカゴを一挙に車に積み込むだけで済み、忘れ物もなくて済む。これを旅にでる時だけまとめ始めると案外大変なものなのであり、忘れ物も当然多くなってしまう。

 食料品も同じようにしている。ほとんどは現地のスーパーで調達してしまうのですが、災害に備えて備蓄している非常用の食料と水の賞味期限が迫っているものをできるだけ車中泊で使ってしまうことにしている。特にパックのご飯は安い時に買いだめしておき、旅をする時に朝ごはんでできるだけ使ってしまうことにしているのです。こうして置くと備蓄の食料は常に新しくなっているわけであります。当然立ち寄った現地のスーパーで備蓄する品物が安かったらそこで調達して次回の旅の時に使うわけであります。だから備蓄してある食料品は茨城県で調達したものが多くなっています。最近茨城県ばっかしに行っていたものですから。今回は茨城県で調達したものを和歌山県で食べているわけであります。

 車中泊での旅を快適にしているのが、かなり前に購入したクーラボックスです。これはそのあたりのホームセンターで売っているような安物ではないです。釣具屋へいってその中で一番保冷効果のあるものを購入しました。6面真空パネルで覆われているものです。値段も良かったですが、この威力は半端ではないです。自宅からペットボトルに入れて凍らした水が4日たっても完全には溶けなかったぐらいです。だからビールなどは常に冷たくて、妻がいうには自宅の冷蔵庫で冷やしてあるのよりおいしく感じるというのだが、俺にはただのビールにしか感じなかったけれども。
 だから自宅の冷蔵庫と同じように使えますから、食料品がまったく無駄になりません。これはビンボー旅行者には欠かせないアイデムであります。購入する時はあまりの高価さに散々迷いましたが、これは本当に買っておいて良かったと思う品物です。この超貧乏な今だったらたぶん買えないと思います。ただちょっと大きかったかなと思います。結構邪魔になります。
コメントを投稿