2011年6月18日土曜日

Windows7 サクラエディターで編集したHTMLファイルを保存ができないというとんでもない目にあった。

 元気のなかった昨日にくらべて、いくぶん元気が戻ったようであります。午前1時前に起きだしまして、バリバリと仕事をこなしています。12時ちょっと過ぎの時間帯というのは家族のほとんどが起きている時間でありまして、これはちょっと異常かなと思わんわけではないのですが、昨日は午後から夕方まで完全に寝入ってしまったわけでありますから完全朝型の私にとってはごく当たり前なリズムなわけであります。と、ここまで書いてまた仕事に戻っていました。通常ならばこの続きを書く予定でありましたが・・・・・。とほほ

 調子よく仕事をやっていたのですが、朝方になってHTMLの編集作業をすることになりました。いつものようにファイルが入っているフォルダーを開いて、サクラエディターでファイルを開いて編集をやりました。ある程度編集をしますと、[CTL]+[C]で保存をします。それでファイルをダブルクリックしてブラウザーで変更されている様子を見るのですが、地獄はここから始まりました。
 別の誰かがこのHTMLファイルを開いているから保存できないというのです。オイ!ここには俺しかいないって、この俺はエディターだけでしか開いていないのだ。一体誰が開いているというのだ。ここから地獄が始まりました。
 もしかしてこのサクラエディターは32ビット版だから64ビットでは正常に動作しないのではないかと考えました。検索しましたら、サクラエディターは64ビット版もあるということで無理やりダウンロードしてインストールしました。
 こんどはサクラエディター64ビット版だから大丈夫だろうと同じ作業をして保存をしてみました。結果はまったく同じです。保存できないのです。テキストエディタが使えないというのは私にとっては致命的なことであります。仕事の大半はテキストエディタでやっているのです。しょうがないので他のエディターもダウンロードして試用してみましたが、慣れていないせいか、実に使いにくいのです。
 これはひょっとしてサクラエディターに原因があるのではないなと思い始めました。それからあれこれ検索しまくっても原因わからずでありました。
 左の図をみてください。これはWindows7のフォルダーです。最初気がつかなかったのですが、左にファイル名が並んでいますが、右にそのファイルのプレビュー画面が出ています。こいつなんです。保存できない最大の悪者です。こんなもんいつからついたのでしょうか。余計な飾りです。こいつが俺以外にHTMLファイルを勝手に開いていたから保存できなかったのです。
 ではこの余計なプレビュー画面を出さないようにするにはどうしたらいいのか。さっぱりわかりません。なんだかんだいじり回して気がついたのが右上の白いボックスです。ここをクリックして出したり出さなかったりするようです。
 たぶん私と同じ目に会う人がきっといるはずですから、ここに書いておきますね。無駄にした時間を返して欲しいよ、まったく。図をクリックすると大きくなります。
コメントを投稿