2013年11月26日火曜日

おだやかな日々が続きます

本日は絵に描いたような、洗濯日和なのですが、残念ながら?、珍しく汚れ物が無い状態なので洗濯はいたしません。まったく洗濯機を回さなくていい日なんていうのは年に何回もないことであります。
夕ごはんを炊く準備をしようかなと、思って炊飯器を覗いたら結構な量のご飯がまだ残っていたし、昨日冷蔵庫をみたらタッパーの中に残りご飯が入っていたので、今夜はそれらのご飯をまとめて始末することにします。よって台所仕事もやることがないという状態であります。
なんだか朝から拍子抜けするような状態であります。外の様子を伺うと天気もよく暖かそうなので、昨日サボった犬の散歩でも行ってこようかと思います。

おだやかな散歩日和の日でありました。公園には私と犬が一匹だけであります。私はベンチに腰掛けて、これでも少しだけ色づいて秋色になっている木々を眺めたり、空の雲を眺めたりしているうちに、あまりの心地良さにウツラウツラしてきました。ワン公はしばらくの間全速力で駆けまわっていたのですが、それにも疲れたらしく、あっちこっちをほっつき周って、地面を心ゆくまで掘り起こしたり、匂いを嗅ぎまわったりと自由を満喫しているようであります。我ながら実に牧歌的で平和な光景だなと悦に入ってました。

しかし世の中にはこういう事に対してはすぐに目くじらをたてて、さも正義は自分に有りという風に抗議してくる連中というものがいるものであります。特にこういう風に平和を満喫している時には要注意なのであります。

やれ、犬を放し飼いにしてはいけない
やれ、ウンコをさせてはいけない
やれ、ボール遊びをしてはいけない
やれ、・・・・・・・・・・・・・・・

いつ口角泡を飛ばして、その辺の角あたりから、文句ババアが姿を現すのではないかと、拳を丸めて待ち構えていたが、ついぞ現れなかった。
大体が俺んちの犬は、家グソが習慣になっており、外では一切ウンコはいたさないのであります。
それに、放し飼いなどはしていなく、いつも敷地内で飼っているのです。それにほんの10分ぐらいの間に原っぱで運動させているに過ぎないのであります。
ボール遊びたって100均で買ってきた安物のビニールボールを投げても5メートルもいくか行かないかだけの話なのであります。

ただ、私は口下手のなのでそれらの言い訳をするのが得意でないので、男であれば勝手に顔面に連続2発の鉄拳がお見舞いされるだけの話です。ここで大事なのは連続2発です。軽く一発なんてのはダメです。渾身の力をこめて2発お見舞いするのです。そうすると相手は驚きと恐怖のあまりに反撃をしてこなくなります。それから大事なのは殴り終わった後にグーッと腰を降ろして相手の出方を待つという姿勢を取るのです。大概の場合これで相手は引き下がります。
断っておきますが、それで旨くいくと確約するものではありません。それで反撃を受けた時には、もう諦めるしかありません。後はボコボコとやられるままになります。

問題はババアの場合です。男と違って鉄拳など通用する筈もなく、ババアに暴力を振るったなんて云われたらエライ迷惑な話であります。
それでオメオメと引き下がるのも悔しいではないですか、
そん時は
いきなり、大きな声で
「ワンワンワンワン・・・・・・」「グワーーーオーー」「ワンワンワンワン・・・・・・」と吠えまくるのです。できれば4ツン這いになって、今にも襲いかかるような勢いで吠えるのです。そうすると傍らの犬も、

「なんだ、なんだ、おかしな構図だな、でもご主人が吠えているのだから、俺も吠えなくちゃな、ここはひとつ負けずに吠えまくってやるか」
なんて思うかどうかは知らないけれども、とにかく、ついつい釣られて吠えまくるでしょう。
そうなったらこっちのものです。もう二度と、そのババアはおためごかしなことは言ってこなくなるでしょう。

くれぐれも自宅近くでは試さないようにね。
コメントを投稿