2015年4月18日土曜日

Linuxコマンドライン入門 1日目 (ネット時代の、これから始めるプログラミング(NextPublishing)

上のあんちゃんは4時前に起きだして、バイクで1泊2日のキャンプに出かけてしまった。上のあんちゃんにとっては今日が今年のキャンプ始めであります。ちいとばかし羨ましい気もするが、しょうがないよね。今日は昼間に少し長めの散歩をして、キャンプ代わりにしようと思う。

自分で自分をつくづくあほだなと思う、現在サーバー管理などまったくしていないのに、その値段の安さに惹かれてフラフラと購入してしまったLinuxコマンドライン入門 1日目 (ネット時代の、これから始めるプログラミング(NextPublishing))であります。こんなものネットで検索すればいくらでもでてくるのにと、ふん、すべて後の祭りといったところであります。

それに標題をみればわかりそうなものなのに、これ1日目なのでありまして、全巻揃えると6日目まであり、しかも値段はそれぞれ499円となっていました。
独りで画面を眺めて「うーん・・・・・。ムムーーーー」と唸っているのでありました。こんなもんばかりを購入するものだから読みきれないほどの電子書籍の山となってしまうのでありました。

昨日も書きましたが、昨年のちょうど今頃糖尿病の合併症で左目を緑内障でつぶしてしまいました。それ以来視力がガタンと落ちてしまって、紙の書籍を読むのがつらくて、ほとんど本を読まない生活を余儀なくされてしまっていました。その時に出会ったのが、電子書籍のKindle Paperwhite Wi-Fiであります。活字を思いっきり思う存分読めるヨロコビは他には代えがたいものがあります。もうウレシクて嬉しくて、これまで読めなかった鬱憤を一気に晴らすような感じで読み続けました。

それでも図解入りの技術書はまだまだKindle Paperwhite Wi-Fiでも辛い部分があります。しかし、それがいつの間にかPCの大画面でも読めるようになったのです。これも最近とてつもなくウレシク思ったひとつであります。

そういった背景がまだまだ色濃く残っているものですから、ちょっとでも「あれ!オモシロそうだな」と思ってしまうと、瞬間に反応してしまうのであります。
これもたぶん過渡期だと思われますので、そのうちに熱は冷めていくだろうと予測はしているのですが。

そうだよ、キャンプに行く人には限りなく羨ましさを感じてしまうけど、本日は読書のヨロコビに首までどっぷりと浸ることにします。
これでいいのだ。(負け惜しみに聞こえんこともないけど・・・・・・)

コメントを投稿