2013年9月19日木曜日

アメリカ独立戦争と黒船来航・南北戦争を追加する。




  • 1867年(慶応3年) 大政奉還 ローラ・エリザベス・インガルス、ペピンで生まれる。
  • 1861年 アメリカ南北戦争はじまる。
  • 1853年(嘉永6年) 黒船来航
  • 1836年(天保7年) 1月10日、チャールズ・フィリップ・インガルス(とうさん)、ニューヨーク州キューバで生まれる。1月3日に坂本龍馬が生まれる
  • 1775年から83年 アメリカ独立戦争
  • 1760年代から1830年代 イギリスの産業革命
  • 1600年徳川幕府始まる

 昨日の年表にアメリカ独立戦争と黒船来航・南北戦争といずれもアメリカの歴史を付け足しておきました。今のところ中国は清という国でありました。朝鮮は李朝朝鮮という国で清の属国であります。朝鮮が清の属国であった時代はなんと1000年ほどであります。1000年ですよ。朝鮮は半島ですからね。巨大な中国の元では仕方のないことなのかも知れません。日本は周囲を海に囲まれていた地理的な条件によって、どこの国からも侵略はされていません。
上の記述は正しくないことに気が付きました。清が1000年も続くはずがありませんから、正しくは中国の属国であった時代が1000年もあったということですね。中国の王朝の名前を一々調べる気力は今のところないので、このぐらいにしておきたいと思います。
また朝鮮が清からの独立を果たすには、日清戦争まで待たなくていけないのであります。たぶん朝鮮は日清戦争から太平洋戦争終結までの期間を恨みに思い続けることになるのでしょう。このあたりはまだ詳しく知りませんので何も書けませんね。

1775年から83年にアメリカはイギリスとの独立戦争を行って、ようやく独立を果たしています。この頃はイギリス・オランダ・フランス等の列強諸国は東南アジアに進出をはかっており、アメリカはかなり遅れてアジアに進出の足がかりを求めて盛んに動いています。
この時代での各国の植民地を調査しておく必要があると思います。列強諸国というのはすべて白人の国家であります。日本はそのアジア情勢をみてかなり焦るわけであります。しかし、いくら焦っても幕藩体制ではどうしようも無いと気付き討幕運動に走っていくという流れになるわけであります。遠いイギリスというこれまで縁もゆかりも無かった国で起こった産業革命が徳川300年という幕藩体制を揺さぶり目を覚まさせるわけであります。
コメントを投稿