2010年8月27日金曜日

車中泊に適した場所

 ここのところ車中泊に関したネタが続きます。普段そんなに人と違った生活をしているわけではないので、ブログネタがそのへんにゴロゴロ転がっているわけでないから、それはしょうがないわけであります。春先のように百姓でもやっていたなら、自分で経験したネタがそのあたりにゴロゴロ転がっているから困らなかったのでしょうけれども。旅にでている以外はほとんど引きこもりの生活でありますから仕方のないことであります。
 ただ、私に旅という趣味がなくて、引きこもりだけの生活だけであったら、きっと精神のバランスを著しく壊してしまっておそらくこうして正統な引きこもり生活というものを続けることはできなかったと思います。旅から帰ってきて5日ほどたちますが、気分はまだまだ旅の空なのであります。(うわの空でなくて良かった)
From 2010-08-22
 上の写真は長野の白馬村に近い道の駅だったと思います。トイレはあるし、かなり広い公園は併設されているし、車も少ないから車中泊する場所としては適していると思います。後は日帰り温泉と買い物をするスーパーを探すだけであります。実際はこの道の駅はスルーしてしまいましたが。この先に白馬村があり、それを抜けると新潟となり国道8号線となります。
 道の駅だからといってどこでも車中泊ができるかというと、そうでもないです。案外車中泊のできる道の駅というのは限られていると思います。日本では野宿したり、車中泊をして旅をするなんてのは認められていないのです。だからあくまでも目立たないようにしなければいけません。特に道の駅をキャンプ場と間違えて大宴会をするなんてことをやってはいけません。できるだけ目立たないところに車を駐めて、灯も最小限にしてひっそりと食事をし、ひっそりと寝なければいけないのです。だから民家が近く立ち並ぶなんていう場所は極力避けなければいけません。基本はあくまでも目立たないことであります。北海道は違います。北海道は歩いて旅する人、自転車で旅する人、オートバイで旅する人、車で旅する人は当たり前に多く、住人も慣れていてその目は比較すれば優しいです。本州はその点まったく駄目です。いくらこちらが控えめにしていてもいちゃもんをつけられたらおしまいです。図にのってどこまでもやってきます。人間と思ってないところがあります。私もなんど嫌な目にあってきたかわかりません。頭にきてぶちのめしたことが1回だけありました。他はバカバカしいのでそこを後にすることにしています。(注:習志野ナンバーのステップワゴンには絡まないこと、その男かなり凶暴ですから 苦笑)
 今回の4泊した宿営地では道の駅を利用したのは1回だけであります。あんなところで縮こまって宿泊するのは嫌いなのであります。どうしようもない時以外は極力避けるようにしています。

 今回笑ってしまったのは、道の駅輪島というところです。ここで温泉に入って、次の日は朝市でおみやげでも物色して帰ろうと思ったのですが、そこにはなんと「1時間以上駐車するな!」みたいな看板がいたるところにあるのです。これには呆れるよりも笑ってしまいました。驕り高ぶりがでていますね。輪島って観光地だからこうなんでしょうね。でもさすがにこんな道の駅は始めてでありました。もう頼まれなくても2度行きませんね。こんなところは3流か4流の行政しか行えない最低の場所であります。まったく反吐がでそうなところでした。そのてん北海道はいい、どこへいってもおおらかだもんね。この一点で石川県全体のイメージは最悪になってしまっています。ま、これから通過することはあるけれどもこんな場所には絶対に立ち寄ることはないと思います。
コメントを投稿